幻の豚「中ヨークシャー」

これは、自社の母豚です。

中ヨークシャーという幻の豚です。

肉質はきめ細かく、脂質は甘身があり、さっぱりとした味で、豚特有の臭みが感じられないフルーティーな味です。

白ワインや辛口の日本酒に合います。

焼いたり茹でたりして冷めたお肉を、わさび醤油でどうぞ。

まるで、マグロの中トロのようですよ。

中ヨークシャーは、戦前から昭和40年位まで、農家の庭先で少数ずつ大切に飼われていた豚の品種で、原産地はイギリスのヨークシャー州です。

現在、普及している三元豚と言われているブランドの大型の豚の品種と比べて、

●産子数が少ない
●発育が悪い
●狭い所が嫌い
●豚が沢山いる所が嫌い
●都会には住めない
●緑が無いとストレス溜まる

肉質は別として、まるでグリーンシステムコーポレーションの社長のようです。

グリーンシステムコーポレーションは、この幻の豚中ヨークシャーの繁殖を始めました。

里山の耕作放棄地で、サツマイモや麦や大豆を栽培して、太陽光の恵みをソーラーシステムでエネルギーを作り、ソーラーシェアリングを増やして、

耕作放棄地や荒れた山林を豊かな資源に変えて、地方を元気にするビジネスモデルに挑戦して行きます!

中ヨークシャーは、様々な農家のおじいさんから中ヨークシャーが一番美味しいと言われていて、やはり豚肉の中で一番美味しいと思います。

飼っても儲からないという難点以外は、さっぱりした脂身は、アルファーリノール酸です。
農家が飼っても儲からないから、幻の豚に成ったのです。
今では、大変な稀少種に成ってしまいました。

中ヨークシャー

自社太陽光発電所に羊を放牧しました

 

自社太陽光発電所に羊を放牧しました!

太陽光発電所に動物がいる風景って、なかなか見ないですよね。

複数の発電所に放牧しましたが、どこの羊も早速草を食べてくれました。

陽射しを避けるために太陽光パネルの下に隠れたり

青空の下、群れで草を食べたり

羊ってかわいい…!

 

いっぱい食べて元気に育って欲しいものです。

 

企業体験のお手伝いをしました

企業体験のお手伝い

福島県にて地域の中学校の生徒さんが、企業体験をするということで当社もお役に立てればと思い、微力ながら協力させて頂きました。
普段、なかなか間近でみることがない産業用太陽光の発電所にて、太陽光発電の仕組みなど説明しました。

みんな真剣に話を聞いてくれています。少しでも太陽光発電に興味を持ってくれるとうれしいです。

当社の社員も生徒さんの学習のお役立ちのため、わかりやすいように資料を作成し説明にあたっています。

shokugyoutaiken 3普段目にする機会のない施設に生徒さんも興味を持ってくれました。

shokugyoutaiken 4

やっぱり実際に触ってみることが一番!太陽光パネルの表面を触ることは、なかなか貴重な体験だと思います。

ホームページがリニューアル!

この度、閲覧状況も変わる中でスマートフォンやタブレット対応を急がれてましたが、当社のサイトもようやくコンテンツを整理してそれぞれのメディアに対応すべくデザインの統一されたカスタムページでのリニューアルとなりました。今後もお知らせやイベント、そして個別のブログ更新等を最新状態で公開予定ですので、引き続きよろしくお願いいたします。